GREETING ごあいさつ

平素より看護連盟へのご支援、
ご協力に
深く感謝申し上げます。
福岡県看護連盟 会長
 塚﨑 惠子
会長 塚﨑 惠子
爽やかな薫風の季節となりました。
会員の皆様には、平素から福岡県看護連盟の活動に多大なご理解とご協力をいただいておりますことに、大変有難く心から感謝申し上げます。
また、年明け早々からの能登半島地震において、石川県をはじめとする北陸各県の被災された皆様には、心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧・復興を願って止みません。福岡県看護連盟会員の皆様には、温かい励ましや善意の募金など、力強い支援活動を展開していただきました。連盟の絆をとても嬉しく思っております。尚、善意の募金につきましては、2月末と3月末に被災県に届けましたことをご報告いたします。ご協力ありがとうございました。重ねて感謝申し上げます。

さて、新型コロナウイルス感染症も落ち着きを見せております。コロナ禍の三年半は、社会における看護の重要性が国民に広く認識される機会となり、医療現場の看護職処遇改善策として、「看護職員処遇改善評価料」の新設と「医療職俸給表(三)」が改正され、看護職の働きと努力が報われる形となりました。今後はこの成果を、全ての看護職の処遇改善に反映させていかねばなりませんが、この度の春闘後の賃金アップ等現状につきましては、まだまだこれから先が改善という施設も多い中、忌憚のないご意見をお寄せいただければと思っております。引き続き、国民(県民)の理解を得ながら一生懸命取り組んで参る所存でございます。益々の政治活動が重要になってきます。
キラリと光り輝く看護の未来を創るために、政治を変えていきましょう。

福岡県看護連盟は、人生100年時代のあらたな看護政策としてOne Health(ワンヘルス)の考え方を推進し、ヒトと地球環境にやさしい政策の流れを波及させております。看護はどうあるべきか、新しい未来への扉を自分たちの手で開かねばなりません。福岡県看護連盟と福岡県看護協会は、互いにその組織力と底力をもってしっかり協力し合い、連携して参る所存でございます。

看護職がその実力を如何なく発揮できる社会を築くための連盟活動に、改めてご支援ください。何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、連盟活動につきましては、忌憚のないご意見をお聞かせくだされば幸甚です。